アルゼンチンタンゴダンス・四十八願恵太のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS インキキッズってナニ?

<<   作成日時 : 2006/10/03 01:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

最近、うちの職場で(昼の仕事ね)、
“うしろむきの会”
あるいは
“インキキッズ”
なるユニットを結成した。

そもそもこのユニットは…、
同期の職員・O君が、春からの配属先に
当初なかなかなじめなかったことに端を発する。

彼は目が細く、
怒っていないのに
「機嫌が悪いんですか」と言われてしまうひとだ。
しかし実際の彼は驚くほどなんにでも興味を持つ、キュートな男。
お付き合いしてみるとわかる。

ワールドカップ!
競馬!
格闘技!
エトセトラ!
およそ普通の(ノーマルな)ひとが思いつくスポーツなら、
なんでもアツくなれる性質だ。
そう、なんにでも。

いつも仕事のことばかり考えている…というタイプではないものの、
時折まじめに仕事の問題点を口にするのを見ると、
ああ、このひともそれなりに考えているのだな、と感心する。
ていうか見直す。
というのも、最近はいつも
「どう?このモノトーンの服のセンス」
「いい!陰気すぎる。俺たちのルーツを忘れていなさすぎる」
「じゃあ、どうかね!この背中の曲がり具合は?」
「いい!覇気がない!勢いもない」
などと、自分たちの「影」の部分を競い合って、
ばかばかしいことこのうえないからだ。

彼が新しい配属先に適応しきれていなかったころ、
なるべく彼の言うことを否定せず、
ただただ話を聞いていたことがある。
しかしそれにもお互い疲れ、
そのうち近況を報告しなくなった。

その後、何かの折に久々に話したとき、
「最近どうなの」
と、さぐってみた。

仕事っていうのは、
社会にあいた穴のようなもので、
その穴をただ黙々と埋めるというか、
ひとそれぞれに
目の前にあいている穴を埋める作業そのものなのだ。

僕が「なんかの本でそんなことが書いてありましたね」
というと、お互い“腑に落ちる”感じを覚えた。
そうなのだ。
もし、本当に役に立っていなかったとしたら、
すでにクビになっていることだろう。
その職場に立っているということは、
毎日穴を埋めている、ということなのだ。

たとえば誰かからの評価だとか、
過去や他者との比較で落ち込むこともあるが、
そういったモノサシではなくもっと根源的に、
職場に立っているということ自体、
現在は何かの役に立っている…
ということなんじゃないだろうか。

以来、自分たちのキャラクターを認め合うコトバを投げあうようになった。
念のため言っておくが、彼も僕もまるっきり暗いとか陰気、というわけではない。
むしろ明るかったりする。
面白かったりする。
・・・状況によっては(誰でもそうか)
明るい部分と暗い部分、両方持ちあわせるノーマルな人間だ。

ただ…、いつもいつも、無理に明るく振舞わなくてもいいんじゃないの?

この思いでつながっているわけだ。
 
今度、

・ネガティブな話しかしてはいけない
・前向きな話題をふったら即退場

という約束の下、飲み会をやる(笑)
本当はO君をふくめ、2〜3人でちびちびと、と考えていた。
職場の人たちに「インキキッズ」の活動趣旨を簡単に話し、
「今度飲み会やるんですよ」と話すと、
意外や意外、多くの人たちの共感を得た。
きっとみんなポジティブに振舞うのに疲れているのだろう(T〜T)
「オマエちょっと明るいんじゃないの」
っていう人たちも参加することになり…、
苦々しく笑う僕の横でO君はうれしそうだった。

自分の中のネガティブな部分に押しつぶされそうなとき。
たまにはどっぷりと浸ってみるのもいいかもしれない。
後ろ向きもキワメると転じて未来が開けてくるのではないか。
彼がその好例である。

夜も遅いんで…このへんで(^ー^)/〜☆

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
いやぁ、感動しましたよ!素晴らしい文章力にドーム脱帽!!いずれ製作したいと考えている『主任 東垣内豊 THE MOVIE』の脚本を書いて欲しいくらいですよ!!ホントに。何かすごく知性が伝わってくる文章よね。少し尊敬しました・・・。
それにしても人って本当に不思議ね。同じもの見てても全く違う感じ方をしていたり。そういう点で重なる部分が多い人が仲良くなったり、もしくは全く違う見方をする人に惹かれたりするんだろうね。でも自分の境界線を決めずに色々吸収できたら楽しいのかな。流されすぎるのとは違う意味で。O君の記事を読んで漠然と思いました。以上。何だからしくない文章になってない?ん?
そういえば最近の近況報告。特に変化無しの日常です。のらりくらりと。
でも、いつかやってくるビッグウェンズデーに備えて体力とお金を温存だわさ!!だわさ〜!!
東京ドーム
2006/10/03 22:00
ドームさん(ヒガシガイトウさん)、
コメントありがと。
ほめすぎだって(笑)
でも、熱狂的な読者(?)になってもらえて、
うれしいです(^ワ^)
ケイタ
2006/10/05 00:22
インキキッズってナニ? アルゼンチンタンゴダンス・四十八願恵太のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる