アルゼンチンタンゴダンス・四十八願恵太のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS Gyu先生とサケをのんだわたくし

<<   作成日時 : 2010/12/01 02:16   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
先日、
都内某所のミロンガにワッセワッセと出向き
固まった表情で長椅子にすわりつつ
ミネラルウォーターなどをのんでおりました。
やがて独特の風圧を感じエントランスを見たところ、
そこにギュウ先生が立っているではないか!
ということに気づいてしまいました(」゜□゜)」。。。♪



(-_-;)…。
(-_-;)…。
(-_-;)…。



最近ではですね。
こんなわたくしのミジンコライフを綴ったブログサイトを、
タンゴとはぜんぜんかんけいないムチャチョまでも
あたたかい目で見てくれているようですね。
本当に本当にありがとうございます。
ですのでザックリと説明いたしますが、
ギュウ先生にはかれこれ3年前の夏、
他者に有無を言わせない圧倒的な存在感で
一気にアジアの頂点に駆け上った過去があるのです。



その頃のわたくしは、
主催し始めたミロンガで勝手がわからずに
フォーエバータンゴのあとにすぐダリエンソを流したりしておりました。
つまりは自分がなんだかよくわからない時代に
彼はヤンヤヤンヤと活躍していたわけです。



いちおう握手などしてふたりで並びすわってみましたが、
話題があふれ出てもりあがるなんてことはまずありません。
ギュウ先生は平成の世に生きる昭和初期の男なのです。



「ケイタおまえ今いくつになったの。」
「オレ?36だけどもうすぐ。ギュウ君は。」
「あオレ…40かな。あれ。39かも。」
「そういや40だろあんたは。」
「そうか。」
「そうだよ。」
「そうね…。」
「40です。」
「…。」
「…。」



普段連絡をとりあうことはないんですけど、
年に2回くらいわたくしのほうから
満を持していたでんをかけたりします。
そんな夜は迷惑そうにしながらも
やっぱりなんだかんだいって大人の男の余裕で
タンゴ談義に応じてくれたりもするのです。



マグロ漁船に乗れとかオトナになるため鎌倉を去れとか。
マジでたいがい意味がわからないかんじだったので
「あはッは。うるさいよ。」とか「えっ別にいいじゃんかよっ。」とか
流し打ちしたり笑ったり踊ったりしているうちに、
夜が本格的に更けてお腹も本格的にすいてまいりました。



わたくしはグッタリして
「お腹すいた」と何回もささやいていたところ、
ギュウ君がご飯つきあってくれることに。
選択肢は居酒屋くらいしかない。
とりあえず我々はよくある居酒屋に潜りこみました。



ひとをけなしたりすることは
じつはぜんぜんおもしろくないことだと思うので
わたくしの考えをストレートに言いますが、
彼が平日の夜に毎週毎週どんなことがあっても
ミロンガを開催し続けていることは、
日本のタンゴ史における快挙だと思います。



自分も今年の春まで、
「どんなことがあってもオープンし続けることに意味がある」と信じて
毎週のミロンガを2年間続けてきました。
だからどんな思いなのかを想像できるし、
自分が続けられなかったことを続けている
ギュウ先生のことをどこか尊敬しているのです。



じっくり話したのは2年ぶりくらいなんでしょうか。
表面的には「おまえうるッせえ」なんて言いながらも
タンゴを踊りつづけていたからこその繋がりに
乾杯を重ねたいわたくしでありました。



またサケのみましょう!!



※「ブログに写真載せてもいいんだね!?いいんだね!?」ご本人に了解済みです。

画像
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
私が出入りする前は、そんなめちゃくちゃなDJしてたんだ?

この頃タンダがどうの、DJがどうのって話題がよく出るんだけど、
ケイタさんは既に去年からかなり質の高いDJを提供していたって
そのたびに思うし、みんなもケイタさんはよかったよね、
って言ってる。またやって欲しいなあ・・・
Nの妻
2010/12/01 13:17
>Nさんの妻さん
「選曲いいね」って言ってもらえるようになったのって3355の途中からなんですよ。Nさんはそのことよく知ってます。いま初期の頃の音源を聴くとゲラゲラ笑ってしまいますよ(笑)ブエノスで経験したすべてのミロンガがすばらしい選曲していたかというとそうでもなくてですね、「オレかわってあげようかな」ってミロンガもありましたね。。。
関内でいろんな方と一緒の時間をすごしていた頃は、インストラクターやって(しかも女性の動きにも責任もってた)選曲して宣伝して…すべて自分でやりすぎてたなぁ。DJってその場の空気感にあわせて柔軟に曲を送り出すひとのことを指すので、事前にCDに音源をまとめていたぼくは「セレクター」だったと思っています。そういった意味では今後、サポートしてくれる仲間ができたならいつか“DJ”にもチャレンジしてみたいです。
ケイタ
2010/12/02 03:12
Gyu先生とサケをのんだわたくし アルゼンチンタンゴダンス・四十八願恵太のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる