アルゼンチンタンゴダンス・四十八願恵太のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS ぼくはうたうよ

<<   作成日時 : 2007/03/03 02:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

気に入った曲は、
けっこう何年も口ずさんだりしています。

しつこいですね。
…。

最近は、
@ラウラ “スプリングレイン”
Aディアマンテス “愛しのカネラ”
Bジョビジョバ “不輝星(輝かない星)”

…が、お気に入り。
ブームがいつ去るか知らないけど。

@は、失恋の歌だ。とってもメロディーがいい。
アイセエグッバーイ
マイベーストラヴァー
情けーないーけーどー
まーだーこーいしくてしかたがーないーんだー

Aは、日系ペルー人が歌った、
とても切ない曲。
“カネラ”っていったら女性の名前のようですよね。
カネラってシナモンのことをさすんだって。
ペルーでは、シナモンはとてもポピュラーな香辛料で、
一見女性への愛を歌ったかのように見えるこの曲、
実はペルーに対する深い愛情が主題になっている。
“今は遠く離れているけれど、僕はどうしてもリマの美しい街並みを忘れることができない”

Bは何年も前に深夜のテレビドラマの中で声も高らかに歌われていた曲。
「きっと輝くときがやってくるよ」
「かならずケガするときもやってくるよ」
「それがアクションスタアの運命(さだめ)さ」
「疲れ果てて見上げた夜空にララ輝かない星」
「あれがアクションスタア」
「あしたはアクションスタア」
「いまは誰にも見えないけどいつか」
「ララきっとかならずきっとかならずきっとかならず是非物で」
「ウーウー」
「チュルチュー」

そんな曲をですね。
昼間の仕事中に口ずさんでいます(←仕事はちゃんとやってます)。
福祉の仕事なんですが、
利用者さんからのリクエストがあろうとなかろうと
かまわず歌ってます。
けっこうニッコシしてくれるんですね。皆さん。
海辺の施設で、しかも白昼…、
失恋の歌やら、
リマのことを忘れられないっていうテーマのスペイン語の歌やら、
「かならずケガ…」なんて歌やら、
そんな曲を、仕事中に口ずさむ職員がひとりくらいいてもいい!
…かな?
施設長スンマセン、ちゃんと仕事はやってますんでd(‐ー‐)


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
ぼくはうたうよ アルゼンチンタンゴダンス・四十八願恵太のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる